2018/04/11 14:25

地元にて

北海道の農家さんは農繁期、農閑期がハッキリしている。春、畑から雪がほとんど無くなった今日この頃は作付けの準備で大忙し。日頃からお世話になっている地元の玉ねぎ農家さんも育苗の作業に汗を流しておられま...

2018/04/09 16:02

今年も有害駆除期間に入りました。

4月に入り、北海道も雪解けが進み、十勝の畑も秋に蒔いた小麦の若芽が雪の下から顔をのぞかせました。その若芽を春一番の青草としてエゾシカが山から食べに降りてきます。「有害鳥獣駆除」というと何とも人間本...

2018/03/13 16:39

Bear & Deer

 ヒグマは人間にとって特別な存在である。 古来、北海道の先住民であるアイヌの民の間でもヒグマは神の化身とされた。一昔前であればヒグマの毛皮は一部の人たちの間で人気もあり、状態の良いものは高...

2018/03/13 10:54

土産物

北海道の土産品を取り扱う問屋さんが開催する小売店向けの展示・受注会にお声がけいただいてEZO LEATHER WORKSの商品を置いてもらいました。高級ホテルや新千歳空港などで置くお土産の、謂わばイロモノ的な商品と...

2018/02/19 09:52

引出物

人生の節目である結婚式でEZO LEATHER WORKSの商品を引き出物に使いたいというありがたい申し出を受け、限定商品を製作させていただきました。バネ口のコインケース(Yezo deer leather)金具の両側を握ると口が...

2018/02/15 09:55

Wine bottle case

地元北海道池田町は十勝ワインの生産地。地元の特産品とのコラボでワインボトルケースを製作しました。店頭販売とふるさと納税での限定販売になる予定です。ホームパーティーなどにワインを持参するときこんなケ...

2017/12/12 14:39

Pomace tanning

ポマース(Pomace)= ワインを醸造する際に残るブドウの搾りかすのこと池田町は十勝ワインの生産地厳寒の土地ゆえに通常の醸造用ブドウの品種は栽培が困難な為、この土地由来の山ブドウを品種改良して栽培して...

2017/12/11 12:03

ストリートスナップ?

EZO LEATHER WORKS 人気商品SAM JIP leather soleとBuffaの実際の使用写真を撮影しました。ストリートスナップですが、ストリートはストリートでも背景がEZO LEATHER WORKS っぽくてお気に入り。地元池田町の画に...

2017/12/08 13:27

ベビーシューズ ~開発~

今回発売となったベビーシューズは北海道は帯広市に拠点を置く”Michka”の製作協力によって生まれた。EZO LEATHER WORKS の拠点である池田町から車で30分程度の距離であることから打ち合わせも回数を重ね、より完...

2017/12/05 17:53

オークバークタンニング ~その3~

表情がここまで豊かな革を僕は見たことがない。皮から革にするために、使っているのはミズナラ・カシワの樹皮、ブドウの果皮、塩、ひまし油、水のみ。染色は一切せず、茶色く濃淡が出ているのはすべてタンニンの...

2017/11/09 17:32

革の話

野生獣皮の品質というものは個体差、季節、捕獲者などにとても大きく左右されるものなんです。北海道の山は晩秋から徐々に食べるものが少なくなり、エゾシカは厳冬期には樹皮を剥いで食べたり、雪の下に埋もれて...

2017/11/06 10:52

ベビーシューズ ~梱包~

エゾシカ革の商品を扱うようになって半年、今まで商品の梱包はパートナー作家さんにお任せ状態だったのですが今回のベビーシューズはプレゼントやお祝い品として想定しているのでEZO LEATHER WORKSとしてオリジナ...

2017/10/17 17:19

オークバークタンニング ~その2~

町の片隅で密かにコツコツと進めているオークバークタンニング。本家のイギリスのタンナーはミズナラの樹皮と共にこれを1年間漬け込むらしいが北海道では屋内の温かな空間が確保できないことには通年での漬け込...

2017/10/12 17:18

ベビーシューズ

身内の出産祝いにと思い、エゾシカ革のベビーシューズ(ファーストシューズ)を製作しました。レザーの中でも特に柔らかいエゾシカの革は赤ちゃんの足を優しく包み込みます。革を鞣す際に使う材料も100%植物...

2017/10/04 16:22

朝飯前

家の近所の牧草地です。エゾシカの農作物被害で被害が最も大きい作物は牧草です。10月に入り、北海道では早朝、霜が降りるようになってきました。スッと冷え込んだ朝は陽の光が温かく狩猟をしているというより...